title.jpg

■メイド文化というもの■

  メイド文化とはいったい何でしょう? 筆者がこのように呼称する名称自体が正式なものでも、一般によく使われるものでもありません。されど独自の文化はそこに存在するわけで、そして文化とはいわば人の営みそのもの、人が試行錯誤して築いてきた歴史そのものです。
 メイドさんのお店とは、ご承知のようにメイドさんが給仕をするカフェやリフレクソロジー等のお店のことです。同様のコンセプトのお店に、スタッフがコスプレイヤーであったり女学生であったりするケースもありますが、本質は同じ客層も同じです。なので、それらコスプレカフェや学園カフェも含め、筆者はメイド文化と称しています。本質で言うならコスプレ文化と称するべきなのでしょうが、そう表現すると誰が聞いても、コスチュームプレーのことになってしまいます。コスチュームプレーすなわちコスプレとは、衣装やメイク、各種アイテムによって様々な職業やキャラクターに変身する、いわゆる“なりきりごっこ”のことです。とくにオタクの間では、アニメのキャラクターに変じることをコスプレと言い、コスプレをする人たちのことを、コスプレイヤー(通称レイヤー)と呼称します。“なりきりごっこ”などと言うと、お気軽な遊びのように聞こえますが、オタクの間では単なる“ごっこ”ではありません。“ごっこ”などと呼ぶことすらありません。コスプレはオタク文化の中ではひじょうに重要な位置づけをもっており、コスプレそのものが1つの文化を築き大きな市場も抱えています。
 客観的に表現すれば、メイドさんのお店は、メイドのコスプレをしたスタッフが給仕をするお店ということになりますし、そうした意味でコスプレ文化にはちがいないのでしょうが、そんな無機質な解釈ではメイドさんの本質は見えてきません。メイドさんは、今ではコスプレではありません。本物のメイドなのです。喫茶店やリフレのお店のスタッフがメイドのコスプレをしているのではなく、本物のメイドさんがいる喫茶店やリフレのお店、それがメイドさんのお店なのです。ビクトリア朝時代の英国の貴族のお屋敷のハウスメイドが、本来のメイドの語源ではありますが、オタク街では、萌えと癒しを提供するエプロンドレスのスタッフのことをこう呼ぶのです。そんなものオタクたちの勝手な解釈だとおっしゃるならそれまでですが、同じ解釈でメイドさんのお店は海を渡り、韓国や台湾、シンガポール、カナダにも進出するに至り、おそらく今後ほかの国でも出店が見られるようになるでしょう。アニメ産業と同様に、メイドさんのお店も、日本発の文化として海外に認知されつつあるわけです。
 2009年春現在で、日本橋エリアには約40店のメイドさんのお店があり、さらに出店のウワサを耳にします。お店の乱立を嘆く声も聞かれますが、筆者としては日本橋の繁栄のためにはまだ足りない気がします。趣向を凝らしたユニークなお店がもっと増えることを期待したいです。

メイド文化の西東

 それぞれのお店にそれぞれの文化がありますが、それらを総合したひとつのエリアとしても独自の文化があります。すなわち秋葉原と日本橋とでは、文化がちがうのです。
 メイド文化の本場は何と言っても秋葉原です。それはオタク文化としても電気街としてもしかりです。日本橋はオタク文化の西の聖地などと言う人もいますし、その表現は筆者にとっても耳に心地よい響きではありますが、格のちがい本質のちがいは明らかで、日本橋は数ある地方都市の中で比較的規模の大きいエリアに過ぎません。文化の前に経済ありき、東京で当たったらしいから大阪でも銭にならないか、それが日本橋の本質です。ただ、その真似っこも3年続けば一端の歴史になり、独自の文化も生まれて来ます。ひところはメイド産業も峠を越えたかという声も聞かれましたが、3年を生きながらえた今、日本橋のメイド文化もようやく本物が育って来た、という感があります。客層にも厚みができ、店舗数も増えつつあります。
 マスコミ業界の関心も少しずつ集まりつつあります。その反面で電気街にメイドは要らんと考える商人も少なくないようですが。
 筆者は当然ながら日本橋メイド文化推進派であるわけで、そこにはアニメやそれにまつわる様々な文化を育むための重要な土壌があり、それをたいへん重要に考えています。メイドさんの多くは自らがオタク文化を満喫しているオタクそのものであり、腐女子であります。あるいは様々なオタ情報の交通整理役でもあります。様々な情報がメイドさんのお店に集まり、そこから拡がって行きます。そしてそして多くのメイドさんが、自らアニメーターや声優、電波系アイドルを志望する、オタク文化の担い手でもあるのです。
 筆者は将来を嘱望される多くの人材をメイドさんの中に見出だして来ましたし、同人誌や作品作りを手掛けた経験のあるメイドさん、現在も活動中のメイドさん、コスプレイヤーとしての活動、歌やタレント活動をされているメイドさんにたくさん出会って来ました。
 しかしながら、大阪の地からプロが育つことは多くありません。才能ある人はみんな東京に行ってしまうのです。
 古来より上方は商売の町であり、江戸は文化の都でした。今でも日本の庶民経済を支える商売の大手はことごとく関西出身の人間です。東京の都心の大手デパート関係もほとんどが関西出身でしょ?
 この違いは歴史にとどまらず、今も大阪の地に影を落としています。銭になるかならないかが、大阪人あるいは関西人にとってあまりにも重要であるばかりに、文化を育てることを忘れてしまっている、それが大阪なのです。才能がたくさん眠っているのにそれを育てる能力がない。素晴らしい発想や想像力を素晴らしいと評価する能力がない、それが関西なのです。
 経済と文化は、文明社会では等価のように考えられることが多く、文化の価値を経済効果なんて表現するのをよく見聞きしますが、経済はしょせん対価に過ぎず真価にはなり得ません。経済が破綻したとき、手元に残ったイモは食えてもオサツ(お札)は食えないのです。
 そのような事情で、大阪はいつまで経っても都会にはなれない、でっかい田舎のままです。
 日本橋のメイド文化は他の多くの文化と同様、東京の二番煎じとして大阪の地に根付きました。それでも、二番煎じでもなんでも、根付いたことは根付いたのです。これを大事に育てて行けば、大阪の地からも強力な文化が育つかもしれない、人材を育成する能力が伸びるかもしれない、筆者はその可能性に大いに期待しているのですよ。

メイド文化は根づいたか

 経済と文化のどちらが大切かという議論になると、結論を出すのはなかなか難しいものですが、要は夢の問題なのです。人々の夢を与える仕事がしたいのか、お金持ちになるためだけに成功したいのか、その違いです。最近は小学生に投資や株を教えるなどという性根の腐った教育が平然と実在するわけですが、そもそもお金儲けというものは世の中に対して提供した生産や貢献に対して得ることのできる対価であるわけで、証券会社や銀行に預けて肥やそうなんてのは応用編なのです。誰もが投資で儲けることを覚えたら、それに対して配当を産む生産や貢献つまり労働を誰がするのですか?
 えっと、日本橋のメイド文化は根付いたのかという話しなのですが、関西人がもっと文化の必要性を理解しなければ、根付いたかどうかを見極めるのは難しいかも知れません。なにせ根っこというものは地中にあって外から見えませんから。
 根付いたかどうかは、つまりは夢の問題です。実がなる樹になって欲しいのか、そのために手を尽くす気があるのか、育てる方法を知っているのか。実がなるのを待ちぼうけて、ならなければ抜いちまうのか。
 ま、草木が根付いたかどうかは、葉や茎の色つやを見れば解るわけで、見れば解るだけの肥えた目があるかが問題なわけで……。
 筆者には肥えた目が備わっているなんて調子ぶっこいたことを申すつもりはありませんが、お店を巡っていると、メイド文化に元気があるか否かは何となく解ります。ひと頃に比べると最近(2009年春現在)は、たいへん元気がよろしいように見えます。一昨年の秋頃は、メイドもそろそろ峠を越えたか、なんて言う声すら聞こえたものですが、最近の日本橋メイド店のにぎわいはなかなかすごいです。お店の数も去年以降ドドーンと増えました。
 そして、女性客(メイド店ではお嬢様ですね)がひじょうに多くなりました。女性が独りで来店(メイド店ではお帰りですね)するケースも少なくなく、常客としてメイドさんと楽しく談笑していたりします。筆者が独りでメイドカフェにお帰りしていて、ふと気づけば周りは女性ばかり、なんてことも1度や2度じゃありません。筆者がガラにもなく女性を伴ってお帰りするとですね、メイドさんも大喜びで、いつもより多く話しかけてくれ、ちょっといやかなり得した気分になっちまいます。で、次に独りでお帰りすると、「今日は女の子はいないんですか」なんて、つまらなさそうに……。男だけで悪うござんしたね。あたしゃすねるよ。
 知人関係でですね、女性に「メイドカフェでも行くか」なんて誘ってみると、「可愛い娘いるなら行く!」なんて答えが返って来ます。女性が可愛い娘目当てでメイドカフェに行く、そんな状況なのですよ、今の日本橋は。
 女性客の参入というのは、文化にとってひじょうに重要です。女性は男とちがって充分な価値の見出だせないものにホイホイお金を払うなんて幼稚なことはしませんから、女性客がつくということは、その文化がホンモノに育った証拠と言えると思います。
 古来より、男性が始めた文化を、より発展させ普及させて来たのは女性です。そのことを思えば、最近の状況は、メイド文化も日本橋の地に根付いたと断言してよいのではないか、そんなふうに思うわけですよ。
 でもね、ここで育て方を誤れば今からでも枯れてしまう危険性もあります。世間にはメイド文化の繁栄を好ましく思わない人も少なくないのです。メイドさんのお店を性風俗のお店のように考えている人もいれば、キモいオタク産業だと思っている人もいます。知名度が上がったからといって揺るがぬ市民権を得たとは限らないのです。
 だから、オタク本意の増長は禁物なのです。かといって一般人に媚びてばかりでも、メイドがメイドでなくなってしまいます。試行錯誤と悪戦苦闘はまだまだ続くということですよ。
 当たり前の文化としてそろそろ根付いたかなと思われる現在、メイド文化は大きな岐路に立たされているのかも知れませんね。多くの方々のお知恵をお借りして、さらに素晴らしい文化に育てて行きたいものです。長くメイドさん通いをしている方々には、単にメイドさん可愛いなんて言ってるだけじゃなく、この文化のこれからのこと、ご自身のことについても思いを馳せてもらいたいものですね。

オタク街と交通の便

 最近、筆者は秋葉原に行ってまいりましたよ。キッパリ言ってこれが初めての秋葉原です。ウソです。でも前に行ったのは10年以上もむかしのことなので、メイドちゃまが秋葉に君臨するようになってからは初めてです。
 東京はでっかいところですね。公共交通機関に対する税金のかけかたが違う。関西はむかしからオカミにはちと反抗的なところがあって、関西エリアの鉄道網を敷くのにオカミの世話にはならねえってんで、私鉄が頑張ったという歴史があったりします。日本初の私鉄も大阪です。
 されどやはりオカミのバカヂカラにはかなわないなぁ、なんて東京に来ると思います。JR秋葉原駅つっても大阪駅よりでっかいんじゃないかと思っちまいます。山手線乗り場から中央線乗り場までの移動のためにミニ鉄道でも敷いてほしいくらいです。
 電気街口なんてあるんですね。アニメの巨大広告がドドーンと掲出されてるし。それっぽい若者どもが、平日の昼間からホテホテ歩いてるし。オタク街口に改名すりゃどうだろう。
 で、そのオタク街口を出たとたん、メイドちゃまがズラリ! あの絵柄はすごいです。休日ともなればさらにすごいことになるとは、秋葉に精通した知人の談。フライヤー(お店のチラシ)を配るために、方々のメイド店のメイドちゃまが駅前に集結するのだそうです。これならお店に行く必要ないです。店内よりたくさんのメイドさんと多種多様なメイド服が拝めて、すでに満腹なのです。フライヤーだけどっさり集めて帰れば、メイド巡り完了したも同然。
 付近には、メイドさんのいる案内所だとか、赤裸々なメイド服の展示なんかが熾烈を極め、まさにメイドのるつぼ。もう満腹を通り越して腹痛なのさ。休日ともなれば、多くのメイド店で入店待ちの行列ができ、リフレ店などでは早々に当日予約終了ってことになっちまうらしいので、駅前のフライヤー配りのメイドさんに話しかけて、ご馳走さまして帰りましょう。それだけで土産話が山ほどできちまいますって。
 筆者は職業柄、平日のお昼間に遊ぶ習慣を何十年も前からついているので、秋葉でも1日あれば有名店も含め10店以上は平気で回れたりするのですが、一般の勤め人諸氏は土日祝日が主な遊び時間になるうえ、あまつさえ家族がいたりするとそれも滞りがちで大変ですよね。ただ、筆者の場合は土日限定イベントとかはダダ漏れなんですけどね。でも日本橋に関して言えばイベントも比較的平日に集中しています。平日の集客を計ろうっていう商人根性が出ていますね。

 秋葉原って、意外とこじんまりまとまってますよね。とりあえずJR秋葉原オタク街口を出発すれば、駅から最も遠いメイド店でも歩いてすぐで、それまでの間にあるわあるわ、メイド店がドドーンと70店あまり。すごっ!
 そこへ行くと日本橋は広いですよ。電気街のど真ん中にはメイド店はあまりなくて、比較的お店が集中している通称オタロードといわれる、かつての裏通りは鉄道の駅からずいぶん離れています。さらに、オタロードからひじょうに離れたところにもお店が点在していて、お店とお店の間隔の広いこと。お店の数は秋葉原の半分なのにそれぞれがたいへん離れて存在しているのですよ。ま、歩けない距離ではないので、運動と腹ごなしに調度よいのですけどね。

 日本橋の寂しいところは、お店が分散しているのに加えて、駅が近くに見当たらないってこと。日本橋と名のつく駅は大阪市営地下鉄や近鉄電車に存在するのですが、日本橋のメイド店に行くのに日本橋で降りたらえらいことになります。初めての人は、歓楽街か黒門市場に迷い込んで、なんでやねん! ってことになっちまいます。日本橋でんでんタウン(いわゆる電気街)に降り立とうとするならば、地下鉄堺筋線の恵美須町で下車する必要があります。しかも でんでんタウンにたどり着いてから、散漫に存在するメイド店を見つけるのは至難の技と言わねばなりません。オタロードはどこですかと一般人に尋ねても、胸を張って「知らん」といわれます。ようやく見つけた無料案内所のスタッフもメイド店の知識はほとんどありません。
 地下鉄御堂筋線の難波(なんば)駅で降りてもオタロードまではたいへん距離があり、途中にメイド店の案内も気配もありません。難波から人混みにまぎれ込んだなら、吉本新喜劇や食い道楽でお馴染みの千日前の方に出ちまいます。
 まるで一見さん一切お断りのような立地の悪さは、なんなんですかね。まるで人を近づけない秘境みたいなことになってますよね、日本橋のメイド街は。

 秋葉原のように電車を降りたらそこにメイドさんがズラリなんてラブリーでワンダフルなシチュエーションが日本橋でも実現しないものでしょうか。
 地下鉄日本橋駅から地下鉄難波駅まで通じる長い長い地下道があるのですが、その途中からオタロードへ向けてトンネル掘ってですね、日本橋または難波からダイレクトにオタロードへ出られるようにしてもらえないものでしょうか。地下道を抜けるとメイドちゃまがお出迎えみたいな。そんな素晴らしげなプロジェクトが現実のものになる日は来ないものですかね。
 ちなみに南海電車(日本初の私鉄)の難波駅が、じつはオタロードにいちばん近かったりします。

学園と妹

 日本橋のメイドさんのお店で、学園というシチュエーションはかなり重要です。メイドさんたちが女子高校生に扮し、お店の名を冠した○○学園みたいなイベントがよく見られます。店内に時間割表が貼られ、フードメニューに給食が加わり、お店がさながら高校の文化祭の模擬店みたいになります。実際にはお店の方が本業なので模擬校なんですけどね。
 メイドさんの中には高校を出たばかりの方や現役の高校生も少なくないので、リアルな高校の文化祭に参加しているような気分です。学生服にエプロン(あるいはエプロンなし)が、皆さん大変よく似合っていて、ホンモノの高校生と比べてもまったく遜色ありません。っていうか現役の高校生もいるわけですけどね。
 客もメイドさんも学園イベント大好きですよね。女子高校生はメイドさん以上に"萌えアイテム"としての人気が高く、アニメにも実にたくさん登場します。客よりもメイドさんの方が学園やりたいんじゃないのかというくらいのノリの良さです。今は女の子自身が、女の子大好き宣言を誰はばかることなくできる時代で、美少女ゲームや美少女フィギュアにハマっている女子が大手を振って日本橋を闊歩しているわけですから、学園イベントは多くのメイドさんたちにとって本望であるわけで、メイドさん同士でお互いの勇姿に萌え合っているわけですよ。
 この日は客の呼称も"ご主人様"から"先輩"とかに変わります。これがバレンタインイベントだったりしたら、後輩からチョコのプレゼントがあったりと、なんとも甘酸っぱいことになるんですね。

 先日、秋葉原に敵情視察に行った際、筆者は高校生の演じ方にも東西の差異があることを発見しました。秋葉原では同じ女子高校生でも"後輩"ではなく"妹"であることがひじょうに多いのに驚かされました。で、客のことは"お兄ちゃん"と呼びます。見かけは同じ女子高校生ですが、お兄ちゃんと呼ばれると、親近感がわくというよりも、なんだかバツの悪さを感じてしまいます。「お兄ちゃん! こんなところで何やってるの」なんて、妹に隠れて女子校の文化祭に来ているところを、ご当人に見つかってしまったような。
 秋葉原では、妹イベントが普通に存在するみたいで、妹カフェなんていうのもあります。年中妹なのです! 妹ねぇ……。こしょ〜りメイドカフェに行ってみたならば、妹がメイドとして勤めていたみたいな。そんな感じしません? 筆者だけですか、こんなこと思うのは。
 確かに、アニメオタクの間では"妹"は重要な萌えアイテムであるらしいのですが、日本橋では、妹イベントはほとんど見ないですね。学生服といえば高校生、妹という発想は日本橋にはほとんど存在しません。ずいぶん以前に23日とかけて兄さんデーというイベントを設けたお店があり、メイドさんたちが妹に扮していましたが、筆者が記憶している妹イベントは、日本橋ではそれくらいですか。筆者的には、妹よりもやはり学園が好みですが、みなさんはいかがでしょう?

| 1/1PAGES |

まず最初に選んでください↓  
 




 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES








recent comment

links

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM